最初の頃は不都合だと感じていたので

肩を圧すだけできつい、ゲンコツを回すだけでゴリゴリ音声が講じる、そういう悪い肩こりに耐える方も多いはす。
整体なので定期的な矯正ができればいいのですが、保険見立てがきかないとなると施行費用も高くつくので手当は諦め傾向だ。
肩こりは首から肩にわたっての僧帽筋という肩甲挙筋が縮んで緊張し硬くなってある様態。前屈みで脳裏が前傾して重たい脳裏を支えているので、一向に負荷かけてしまう。
意識して動かしてほぐしてあげればいいのですが、何となくそれを俗習するのは難しいです。私もその独力だ。
そこで思いついたのが、洗濯だ。常にお風呂のお湯を洗い水に取り扱う機会、以前は汲み上げホースを使っていたの止めて、3リットルの容積のバケツで汲み上げることにしたのです。
僕は利き手ではない左側の肩こりが酷かったので、バケツを左側で汲み上げて洗濯機に移します。バケツの水を汲み上げる時は肩甲骨を働くように引き上げて、左腕の筋力のみを使い、往復15回ぐらい繰り返します。
最初の頃は不都合だと感じていたのですが、ホースで汲み上げるよりも瞬間が略語できたので、苦にはならなくなりました。
のち洗濯を乾かす時も、ゲンコツが肩によって上にあげて干せるように隅ハンガーをカーテンレールにひかって乾かすようにしました。
自然と肩甲骨も動きので、ファミリーをしながら肩をストレッチングできるのです。
指し出すとこういう洗濯しながらゲンコツも取り扱うことが楽しくなり、今では洗濯だけは左側で洗濯バサミで挟んだり、ハンガーを干したりとするようになりました。
こっていた左肩が温まって来るのが判るのです。お風呂の入浴方にも最初創意しました。半身浴の後に20℃程の冷水を肩から受けるのです。
最初は水を浴びることにレジスタンスがあったのですが、アクセス→方策→ゲンコツ→肩という心臓から離れた周辺からかけていくとゆるゆる人体が冷水に慣れてきたジワジワと暖かくなります。
時間に隙間があれば入浴瞬間を5分ずつ切り落としながら、冷水シャワーを数回繰り返します。人肌の血管が気温の誘因で進化って収斂を増やすと結果、血行もよくなりますし、疲弊物質の乳酸も汗と共に排泄されます。入浴方式を工夫するだけで、疲弊のとれかたにも差がでてくるので、お風呂立ちは人体がスッキリします。
今では左側の肩こりの疼痛も随分緩和して、肩こりで起きていた頭痛も変化されつつあります。体の不整の原因がよくなると気分も前向きに言動もよくなるので、毎日のファミリーをちょっと最初工夫して、肩こりを解消してみてはいかがでしょうか。peaceco.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です